キャッシングのご利用可能枠ってどれくらい?

キャッシングのサービスには、ほとんどの場合ご利用可能枠が設定されています。

その金額の範囲内であれば、繰り返し借入や返済をすることができます。

 

例えば、ご利用可能枠が100万円に設定されている場合、50万円借入すれば当然残りの借入可能額は50万円になります。

 

しかし、最初に50万円借入した後で20万円返済したとすると、残りの借入可能額は70万円になります。
単純に借入金のみを計算するとこのようになりますが、実際には借りた金額に対して利息が発生します

 

利息の取り扱いについては、キャッシング商品によって異なります
返済の度に利息が計算されるものは比較的わかりやすいと言えます。

 

しかし中には、毎月決まった日に利息が借入元金に足されていく仕組みの商品もあります

 

この場合、自然と借入額が増えていくことになるため、ご利用可能枠の残りは減っていきます

 

この仕組みを全く知らずに利用していると、「借入していないのにいつの間にか元金部分が増えている」「コツコツ返済しているのになかなか元金部分減らない」という事態になりかねません。
そうならないためにも、日頃から利用明細をこまめにチェックすることが重要です。

 

必要なときに必要なだけ借入ができ、返済も自分のタイミングでできるため非常に便利なサービスではありますが、お金を借りるということにはそれなりのリスクも付いています。

 

きちんと商品性や元金と利息の仕組みを理解してから利用することが大切です。