借入れの限度額はいくらまで今すぐ借りれる?

はてなのイラスト

今すぐお金が欲しい、ある程度まとまった金額を借りたいけれど、いくらまで借りられるんだろう?

 

キャッシングやカードローンを利用する際に気になるのは限度額です。
貸金業法は2006年に成立した後2010年に完全施行されて、総量規制により個人向けの貸付の場合、年収額のおよそ1/3以上の借入れができなくなりました

 

したがって年収が300万円だとすると、借入れできる限度額は100万円ということになります。

 

すでに別のカードローンやクレジットカードで借入れをしている場合、その借入れ分も総量規制に含まれるので、すでに1/3を超えているのであれば、新たな借入れはできなくなります

 

しかしクレジットカードでショッピングをした場合は対象外になります。
年収の1/3というのはあくまでも貸金業法によるものであり、現金を借入れした場合に適用されます。

 

借入れでは総量規制の対象外となる事例がいくつかあり、個人でも事業に関連した資金の借入れは対象外になります。

 

他にも自動車ローンや住宅ローン、高額医療費に対する借入れは総量規制から除外されます。

 

カードローンやキャッシングには消費者金融や信販系、銀行系などがありますが、この中で総量規制にあてはまるのは消費者金融と信販系の貸金業者です。
銀行系から借入れする場合は総量規制対象外となるので、年収の1/3を超える借入れが可能になります。

 

借入れ限度額とはゆとりをもって返済できる金額の目安ですから、借入れ限度額を引き上げる場合は、事前に返済のシミュレーションをして月々の支払いが負担にならないようにしましょう。

 

 

おすすめのキャッシングはこちら